ここから本文です

今年もニュルブルクリンクに壮大な150とおり以上のドラマが。日本勢もそれぞれの収穫

6/24(月) 17:01配信

J SPORTS

今年もニュルブルクリンク24時間は、大いに盛り上がりをみせた。決勝日となる6月22日など、周辺道路は大渋滞でカラチオラ・カルッセルで写真を撮ってからブリュンヘンへの3kmほどをレンタカーで移動したが、なんと30分ほどかかってしまったほどだ。キャンプエリアは例年以上に人がいるように思えたし、レース全体がまさにドイツ中が注目しているかのようだった。

そんなレースだが、今季もドイツメーカーを中心に戦いが展開された。王者マンタイ・レーシングを擁するポルシェ、そしてメルセデスAMG、アウディ。BMWは今季まったくツキがなかったが、それでも彼らの戦いにファンは熱狂した。例えば序盤、ポルシェがメルセデスを抜くシーンがあったが、ポルシェファンから地鳴りのような歓声が聞こえ鳥肌が立った。

そしてこのドイツメーカーに加え、世界中から多くのメーカーが参加し彩りを添えている。日本車ではTOYOTA GAZOO Racing、SUBARU、そして今回敢然とドイツメーカーに立ち向かったKONDO Racingとニッサン/ニスモ、プライベーターながら最高峰のSP9に挑んだレーシングプロジェクトバンドウ×NOVEL Racing。彼らの存在はニュルにたしかな足跡を残した。また、近年は韓国のヒュンダイも積極的で、韓国人の関係者もパドックでは非常に多かった。

また、今季はタイヤメーカーの戦いもアツかった。多くのGT3カーが履くミシュラン、今季から参戦した日本車のGT3カーやワーケンホルストのBMWが履くヨコハマ、さらにニュルで名を上げたファルケン、そしてダンロップが中心だが、TOYOTA GAZOO Racingが履くブリヂストン、ヨーロッパで勢力を増す韓国のハンコック、そして同じく韓国のナンカン、さらにシンガポールのジーティーなど、非常に多くのタイヤメーカーがニュルを目指したのだ。


まさに自動車に関わるすべての者の祭典。勝敗関係なく、走る者すべてが賞賛されるのがニュルブルクリンク24時間。そんなレースの雰囲気を、今年は全体から感じることができた。


そんな祭典に参加した日本勢は、それぞれの結果を残した。今季、最高峰のSP9に挑んだ2台の日本車のうち、KONDO RacingのニッサンGT-RニスモGT3は初挑戦ながら10位という結果を残した。基本的に、SP9はGT3カーに採用される性能調整が施されるため、理論上はイコールではあるのだが、このニュルブルクリンクではやはりドイツ勢がチームもドライバーも地の利をもっている。

1/2ページ

最終更新:6/24(月) 17:01
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事