ここから本文です

米国の精油所が大爆発、「核爆弾かと思った」

6/24(月) 14:56配信

ロイター

米ペンシルバニア州の精油所で21日早朝、大爆発が発生し、数マイル先でも家が揺れたという。
消防士らによると 火元は石油タンク。消防本部長のクレイグ・マーフィー氏は「タンクに入っていたのは、ライターにも入っているブタンだった」と説明した。
フィラデルフィア・エナジー・ソリューションズの精油所火災は今月に入って2度目。
同工場にいたベテランの精油業者は「核爆発のようだった。みんな死ぬと思った」と語る
同製油所は東海岸で最大・最古で従業員は約1000人。死傷者の報告はなく、火は収まった。
ガソリン先物相場は5%近く上昇した。
同社は財政的困難を抱える。被害が大きくなれば 再建資金が十分かが問われることになる。

最終更新:6/24(月) 14:56
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事