ここから本文です

BMW「X3・X4」に初のパフォーマンスモデル登場 サーキットも走れるMモデル受注開始

6/24(月) 14:50配信

くるまのニュース

新開発直6エンジンに3Dプリント技術を初採用

 BMWのミドルクラスSUV「X3」とクーペSUV「X4」初のパフォーマンスモデル、「X3 M」「X4 M」が2019年6月23日より受注開始されました。

510馬力のハイパフォーマンス!BMW「X3 M・X4 M」の画像を見る(32枚)

 新型X3 M/X4 Mは、BMW M社がサーキット走行を想定して新開発した直列6気筒Mツインパワーターボエンジンを搭載。最高出力510馬力/最大トルク600Nmを実現し、0-100km/h加速は4.1秒を達成しています。
 
 新エンジンでは、シリンダーヘッドのヘッドコアの成形において3Dプリント技術が初めて採用され、複雑な形状を成形することができるようになりました。

 さらに、ドライブロジック付き8速オートマチックトランスミッションやインテリジェント4輪駆動システム「BMW M xDrive」、アクティブMディファレンシャルを搭載することで、サーキットでのアグレッシブな走行から一般道で安定した走行が可能になりました。

 デザイン面では、X3・X4をベースとしたMモデルにふさわしく、アグレッシブでスポーティなスタイルが特徴。BMWを象徴するキドニーグリルはMモデルのダブルバーを採用し、空力性能を向上させるダブルリッジデザインのドアミラー、サイドシルにはMロゴを装備しています。

 また、刺激的なサウンドを響かせる4本の直径100mmのブラック仕様テールパイプを備えたMスポーツエキゾーストシステムを採用しました。

 安全性能の面では、ドライビング・アシスト・プラスが搭載されています。

 ルームミラーに内蔵されたステレオカメラと、ミリ波レーダーセンサーを前方に3基、後方に2基装備することにより、日常走行域での急停止や飛び出しなどを瞬時に判断して警告するとともに、夜間や悪天候下でも安定して検知し警告し、安全をサポートします。

 さらに、高速走行時や渋滞時に安定した走行を継続しやすいようにサポートする機能も装備され、安全性と利便性を向上させました。

 アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)やレーン・チェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)、レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)など、さまざまな安全装備が装備されています。

 価格(消費税込)は、X3 Mが1268万円から1368万円、X4 Mが1299万円から1399万円です。なお、納車は2019年9月より順次開始されます。

くるまのニュース編集部

最終更新:6/24(月) 14:50
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ