ここから本文です

小豆島と菓子メーカーがコラボ 瀬戸内のうまみが詰まったポテトチップスを発売 香川

6/24(月) 19:12配信

KSB瀬戸内海放送

 東京の菓子メーカー・湖池屋と香川県小豆島町がコラボした商品が、24日から全国で販売されています。

 高松市で開かれた商品発表会見には、小豆島町の松本篤町長と湖池屋の佐藤章社長が出席しました。

 会見で発表されたのが、その名も「JAPAN PRIDE POTATO オリーブソルト」です。小豆島産のエキストラバージンオイルをポテトチップスに吹きかけ、淡路島産の塩や瀬戸内のレモンで味を調えた、まさに瀬戸内の魅力がぎゅっと詰まった一品です。

 湖池屋は、自治体と連携して日本が誇る地域や素材を生かした商品を売り出す「JAPAN PRIDEプロジェクト」に取り組んでいます。今回は福岡県宗像市とのコラボに続く「第2弾」の商品として全国で販売されます。

(小豆島町/松本篤 町長)
「より多くの人に、この商品を召し上がっていただいて、小豆島のオリーブオイルの良さを知っていただけたらと思います」

 小豆島は、観光地や映画のロケ地として全国的にも人気があることから、白羽の矢が立ちました。開発にあたっては湖池屋の佐藤社長も自ら足を運んだそうです。

(株式会社湖池屋/佐藤章 社長)
「小豆島の皆さんと本当にわいわい、ああでもない、こうでもないしながら共同開発したものなので、このおいしさを全国の皆さんに知っていただきたい

 「JAPAN PRIDE POTATO オリーブソルト」は、24日から全国のコンビニエンスストアで販売されています。売り上げの一部はオリーブ栽培の振興のため小豆島町に寄付されます。

最終更新:6/24(月) 19:31
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事