ここから本文です

令和元年こそ始めよう!~初心者のための投資講座~

6/24(月) 20:00配信

LIMO

有限的なものにおいて最も重要なお金の増やし方についてです。愛や感情と言った無形要素は生きてく上での精神的な豊かさにおいて重要にはなりますが、お金がなければ十分な暮らしができません。では、お金をどのように増やしていくべきか説明していきます。

お金の考え方について

お金がなければ十分な暮らしができませんが、学校教育ではお金について学ぶことはなく、社会に出て給料をもらってからも勉強をする方はほとんどいません。そのため、多くの方は銀行貯金を始めていくわけなんですが、そんな方ほど「俺はリスクのある投資はせず、銀行でコツコツやるからいいんだっ!」と、言い投資についてちゃんと学んだわけでもないのに、「投資は減ってしまう。危険だからやらない方が良い」と、判断している人が多いのが現状です。

しかし、銀行にお金を預けておくだけだと、実は日々資産がマイナスになってることを御理解していますか? どういうことかという、2点理由があり、1つは物価上昇に応じた利息がつかないこと。もう1つは取り扱い手数料が高いことです。例えば10年前は500gで200円で販売されていたヨーグルトは、今だと450gで200円で販売されています。ヨーグルトの販売価格は同じなのに、容量は減っているので、グラム当たり10%高くなっていることになります。銀行でお金を預けておくだけで10%以上増えていかないので、銀行にお金を預けておくだけでは物価上昇には対応できないことがわかります。

また、コンビニでお金を引き出したりすると手数料として216円とか取られたりしませんか? 仮に20000円引き出すのに対して216円取られていたとなると、手数料に1%取られていることになり、これも普通預金の利率よりも大幅に高いです。つまり、銀行預金というのは物価上昇や引き出し手数料よりも損する形となっており、資産としては価値は下がっていきます。なので、実は一般家庭においてもマイナス金利の影響を受けているということです。

1/2ページ

最終更新:6/24(月) 20:00
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事