ここから本文です

ロッシが圧勝劇。琢磨は厳しいレースに/【順位結果】インディカー第10戦ロードアメリカ決勝レース

6/24(月) 4:14配信

オートスポーツweb

 23日、インディカー・シリーズ第10戦ロードアメリカの決勝レースが行われ、2番手スタートのアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)がレースを制圧し、今シーズン2勝目を挙げた。

【写真】最年少ポールポジションを獲得した19歳のコルトン・ハータ

 6番手から挑んだ佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、序盤に接触などで後退。最後まで追い上げをみせるも10位でレースを終えた。

 19歳83日と最年少でポールポジションを獲得したコルトン・ハータ(ハーディング・スタインブレナー・レーシング)だったがオープニングラップでロッシにトップの座を奪われる。

 ロッシは、すぐにリードを築きレースをコントロール。そのまま独走状態となる圧勝劇を見せ、ロングビーチ戦以来となる今シーズン2勝目を挙げた。

 2位はウィル・パワー(チーム・ペンスキー)。チームメイトでポイントリーダーのジョセフ・ニューガーデンが迫ったがポジションを守った。

 ニューガーデンは3位に入りポイントリーダーの座を守ったが、勝利したロッシが7ポイント差に詰め、チャンピオン争いは一騎打ちの模様に。

 佐藤琢磨は、オープニングラップでニューガーデンを交わし5番手を走行するも、3周目にジェームズ・ヒンチクリフ(アロウ・シュミット・ピーターソン)に押し出されるかたちでコースオフ。

 ポジションを落とした琢磨は、イエローコーションが一度も入らない厳しいレース展開から挽回を狙っていったが10位フィニッシュとなった。ポイントランキングは、レース前からひとつ落とし、トップと110ポイント差の6位となっている。

■2019NTTインディカー・シリーズ第10戦ロードアメリカ決勝レース結果
Pos./No./Driver/Team/Eng/Laps/SP
1/27/A.ロッシ/アンドレッティ・オートスポート/H/55/2
2/12/W.パワー/チーム・ペンスキー/C/55/3
3/2/J.ニューガーデン/チーム・ペンスキー/C/55/4
4/15/G.レイホール/レイホール・レターマン・ラニガン/H/55/5
5/9/S.ディクソン/チップ・ガナッシ/H/55/12
6/10/F.ローゼンクヴィスト/チップ・ガナッシ/H/55/18
7/5/J.ヒンチクリフ/アロウ・シュミット・ピーターソン/H/55/9
8/88/C.ハータ/ハーディング・スタインブレナー/H/55/1
9/22/S.パジェノー/チーム・ペンスキー/C/55/16
10/30/佐藤琢磨/レイホール・レターマン・ラニガン/H/55/6
11/28/R.ハンター-レイ/アンドレッティ・オートスポート/H/55/15
12/18/S.ブルデー/デイル・コイン・レーシング/H/55/7
13/7/M.エリクソン/アロウ・シュミット・ピーターソン/H/55/17
14/21/S.ピゴット/エド・カーペンター・レーシング/C/55/8
15/60/J.ハーベイ/マイヤー・シャンク・レーシング/H/55/19
16/59/M.チルトン/カーリン/C/55/22
17/31/P.オワード/カーリン/C/54/13
18/26/Z.ビーチ/アンドレッティ・オートスポート/H/54/14
19/19/S.フェルッチ/デイル・コイン・レーシング/H/54/21
20/4/M.レイスト/A.J.フォイト・レーシング/C/54/20
21/14/T.カナーン/A.J.フォイト・レーシング/C/54/23
22/20/E.ジョーンズ/エド・カーペンター・レーシング/C/54/11
23/98/M.アンドレッティ/アンドレッティ・ハータ・オートスポート/H/18/10


[オートスポーツweb ]

最終更新:6/24(月) 4:15
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事