ここから本文です

ハミルトン今季6勝目「楽勝に見えるかもしれないが、全くそんなことはない」:メルセデス F1フランスGP日曜

6/24(月) 15:55配信

オートスポーツweb

 2019年F1フランスGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンは自身79回目、今季6回目の勝利を挙げた。

【関連写真】2019年F1第8戦フランスGP 決勝トップ3のハミルトン、ボッタス、ルクレール

 ポールポジションからミディアムタイヤでスタートしたハミルトンは、24周目にハードに交換、1回ストップで走った。ポールと優勝を獲得、決勝全ラップをリードしたハミルトンは、レース終盤にはファステストラップもマークしていたため、“グランドスラム”達成かと思われたが、最後の最後にセバスチャン・ベッテルにタイムを塗り替えられた。

 ハミルトンは第8戦終了時点で187ポイントを獲得し、選手権をリード、ランキング2位のバルテリ・ボッタスとの差は36点に拡大した。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
ルイス・ハミルトン 決勝=1位
 長くレースをしているけれど、決して飽きることはない。常にチャレンジがあるし、限界を探り、マシンを意のままにコントロールすることも好きなんだ。

 このサーキットをレースで走るのは楽ではない。すごくテクニカルな部分があり、あらゆる面で限界に近づくことが求められる。外から見ていると楽に見えるかもしれないが、全然そんなことはない。

 状況が許す時にはタイヤやエンジンを労わり、燃料をセーブした。フロントタイヤに大きなブリスターができていたから、少し心配だったけど、最後まで走ることができてよかった。この素晴らしいチームと一緒でなければ、この結果を出すことはできなかっただろう。皆のことを誇りに思うし、このチームの一員であることが誇らしい。今年は最高のスタートを切ることができた。この瞬間を楽しもう。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6/24(月) 15:56
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事