ここから本文です

マクラーレンが予選に続き決勝でも中団トップ「大きな問題が発生。入賞できてほっとした」とノリス:F1フランスGP

6/24(月) 17:05配信

オートスポーツweb

 2019年F1フランスGP決勝で、マクラーレンのカルロス・サインツJr.は6位、ランド・ノリスは9位だった。ノリスは10位でフィニッシュしたが、7位のダニエル・リカルドに10秒のタイムペナルティが科されて降格になったことで、9位に繰り上がった。

【関連写真】2019年F1第8戦フランスGP ランド・ノリス(マクラーレン)

 予選ではノリスが5番手、決勝ではサインツが6位と、マクラーレンは週末を通してビッグ3チームに続くポジションを占めた。

■マクラーレンF1チーム
カルロス・サインツJr. 決勝=6位
 しっかり考え抜かれた力強いレースができて、とても満足している。今回もスタートがうまく決まった。そして、6位になってからは、コントロールされたレースをした。つまり、タイヤを持たせるために、チームから指示された目標ラップタイムに合わせてドライブし、ペースをコントロールしたということだ。その点から言えばシンプルなレースだったし、あらゆることがうまく行って、可能な範囲でベストな結果が得られる1日の典型だった。みんながいい仕事をしてくれた。

 この週末、マクラーレンが予選とレースの両方で、4番目に速いクルマだったのは間違いない。そのことには満足している。週末を通じてのチームのハードワークに感謝し、ダブルポイントフィニッシュを達成できたことを共に祝いたい。僕らに必要なのは、これからも全力でプッシュし続けて、レースごとに着実に進歩していくことだけだ。

ランド・ノリス 決勝=9位
 スタートは良くて、前にいるドライバーたちにも遅れていなかった。ただ、インサイドにいたので周りを囲まれ、カルロスにうまくアウトサイドから先を越されてしまった。スターティンググリッドがイン側だったから、こればかりはどうすることもできなかった。

 その後のレースの内容は良かった。速いペースを保ちながら、レース終盤に向けてタイヤを守るために、前のカルロスとの間の距離を一定に保っていた。

 ところが、残り20周ほどになったところでハイドロリック系のトラブルが起きて、大きくタイムを失っただけでなく、ドライブするのがものすごく難しくなったんだ。ステアリングがひどく重くなって、最終的にはパワーステアリングが機能しなくなった。本当に厳しかったよ。ポジションを失わないように全力を尽くしたけど、問題が大きすぎて対応しきれず、大きく順位を落としてしまった。そんな状況を考えれば、1ポイント(注:最終的には9位で2ポイント)を獲れたのは悪くなかった。もっとひどい結果に終わっていたかもしれないからね。

 週末全体を通じてチームが素晴らしい仕事をした。ファクトリーで働くみんなが、僕たちにこれほど速いクルマを与えてくれたことに感謝したい。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6/24(月) 17:10
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ