ここから本文です

ドイツがU21欧州選手権ベスト4進出…スペインに続き東京五輪出場権獲得

6/24(月) 15:02配信

SOCCER KING

 U-21ドイツ代表が2020年に行われる東京オリンピックの出場権を獲得した。

 UEFA U-21欧州選手権2019・グループB第3節が23日に行われ、ドイツはU-21オーストリア代表と対戦し、1-1のドローに終わった。この結果、ドイツは2勝1分けの無敗でグループ首位通過を果たし、準決勝に進出を決めた。

 すでにグループAではU-21スペイン代表が準決勝進出を決めており、オリンピック出場権を獲得。ドイツはスペインに続いてオリンピック出場権を獲得した。グループCではU-21ルーマニア代表とU-21フランス代表が勝ち点6で並んでおり、24日に行われる直接対決の結果でオリンピック出場が決まる。

 なお、今大会は各グループの1位に加え、各グループの2位のうち最も成績の良いチームも準決勝に進出することができる。グループAの2位U-21イタリア代表とグループBの2位U-21デンマーク代表はともに勝ち点6を獲得したが、得失点差の関係(イタリア+3、デンマーク+2)でイタリアが上位となっており、ルーマニアとフランスによる一戦の結果次第では、イタリアが準決勝に進出する可能性を残している。

SOCCER KING

最終更新:6/24(月) 18:09
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事