ここから本文です

約15万軒の大規模停電 原因は長野県での落雷

6/25(火) 19:20配信

UTYテレビ山梨

UTYテレビ山梨

6月24日、山梨県内のおよそ15万軒で起きた停電は東京電力の調査で原因は長野県との県境付近に落ちた雷であることがわかりました。
24日午後3時半頃、北杜市や韮崎市など国中地域の11の市や町で最大14万8200軒が停電しおよそ2時間半後に復旧しました。
東京電力が調査したところ原因は停電の直前に起きた長野県伊那市の送電鉄塔への落雷であることがわかりました。
この送電線と直結している南アルプス市上今諏訪の釜無白根変電所で雷による異常な電流を防ぐ遮断装置が働きその結果、この変電所から県内16の配電用変電所に電気が流れなくなり大規模な停電に発展したということです。
東京電力では再発防止策の検討をしていくとしています。




[UTYテレビ山梨]

UTYテレビ山梨

最終更新:6/25(火) 19:39
UTYテレビ山梨

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事