ここから本文です

夜を照らす光の回廊 イルミネーション始まる 妙高

6/25(火) 9:30配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 新潟県妙高市桶海のアパリゾート上越妙高の旧ゴルフ場で、イルミネーションやプロジェクションマッピングを駆使した「アパリュージョン」が22日、始まった。レーザー光によるオーロラの演出などが会場を鮮やかに照らし、来場者たちを楽しませている。

 6年目のことしは、フェアウエーの白いスクリーンに宇宙や海の映像を投影した巨大なプロジェクションマッピングや、造花のバラ園を電光で彩ったフラワーロードなどのエリアを設置した。

 電飾でかたどったキリンやペンギンなどが集まるアニマルロードでは、周囲の草陰から動物の鳴き声の音声が流れ、訪れた人々は「びっくりした」「凝ってるね」と興味津々だった。

 新潟市の小学1年の女子児童(6)は「フラミンゴがキラキラしていてきれいだった。また来たい」と笑顔だった。

 11月17日まで。前売り券1400円(当日100円増し)。シーズンパスポート2500円。小学生以下無料。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事