ここから本文です

火山性の可能性は?このまま収まる? 熱海・震度4 専門家に聞く

6/25(火) 18:55配信

テレビ静岡NEWS

テレビ静岡

24日伊豆半島の沖合で発生した地震について、専門家は同規模程度の地震は県内どこでも起きる可能性があると指摘しています。

24日夜7時22分頃、伊豆半島東方沖を震源とするマグニチュード4.1の地震が発生。

熱海市で震度4、伊豆の国市・伊豆市、東伊豆町で震度3を記録するなど、広い範囲で揺れを観測しました。

山口順弘記者「地震速報の一報を受け、県庁の危機管理部でも職員が情報収集に当たっています」

県などによりますと地震による被害はありませんでしたが、新幹線や東海道線は一時運転を停止し数分後に再開しました。

伊豆半島周辺を震源とする地震でまず心配されるのが火山性地震。専門家は今回の地震は火山性の可能性は低いと見ています。

静岡大学・防災総合センター 岩田孝仁教授
「1989年に伊東沖で海底噴火をした時も含め、火山性の地震については気象庁も丁寧に監視しています。仮に火山性の地震であると観測されると、かなり詳細に監視ができますが、今回はその心配はないと聞いています」

では今後の地震活動は?

「いま余震を見ていても24日の地震の後、小さい地震がパタパタありますけれども、それほど多くの地震が発生しているようではありません。普通はこのまま収まっていくだろうと思います」

一方24日の午前中には千葉県沖を、1週間前の夜には山形県沖を震源とした震度4から6強の地震が続けて起きていて、改めて備えを見直すよう呼びかけています。

「静岡県内どこでも地震が起きる場所がありますので、是非これを自分たちの対策を見直すきっかけにしていただければと思います」

テレビ静岡

最終更新:6/25(火) 18:55
テレビ静岡NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ