ここから本文です

漁獲マグロ堂々水揚げ いわき海星高「福島丸」帰港

6/25(火) 10:21配信

福島民報

 いわき海星高の海洋練習船「福島丸」が二十四日、約二カ月間の遠洋航海実習を終えて、いわき市の小名浜港に帰港し、漁獲したマグロなどを水揚げした。

 今年度最初の航海実習で、本科海洋科三年生三十一人と本科卒業後に専攻科に進んだ生徒十三人がハワイ近海でマグロはえ縄漁実習を行い、メバチマグロなど約二十トンを水揚げした。魚はクレーンでつり上げられ、トラックに運び込まれた。マグロは市内のスーパーなどで販売される。

 岸壁で行われた帰港式では実習生代表の斎藤龍成さん(本科海洋科三年)が「仲間と助け合いながら過ごした約二カ月間の船内生活は最高の思い出になった」とあいさつした。

最終更新:6/25(火) 10:21
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事