ここから本文です

京都競馬場、整備工事で20年11月~23年3月まで休止 振替先競馬開催場は未定

6/25(火) 6:00配信

デイリースポーツ

 京都競馬場開設100周年を迎える2025年の記念事業の一環として、スタンド改修をはじめ、厩舎地区、馬場を含めた施設全体の整備工事に着手することを発表した。

 工事期間は20年2月~24年3月まで。京都競馬の開催は20年11月(菊花賞終了後)~23年3月まで休止される。その間はパークウインズとして発売・払戻業務を実施する。なお、振替先競馬開催場は現在、未定となっている。

 現グランドスワンが7階から6階になるなどスタンドの改築、改修に加え、パドックを現在の円形から楕円にし、雨天に対応した屋根付きに改築する。馬場は94年以来となる芝、ダートの路盤改修が行われる。リニューアルされた京都競馬場で行われる最初のG1は、23年天皇賞・春となる予定だ。

最終更新:6/25(火) 7:28
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事