ここから本文です

「ペット2」宮野真守、イルミネーション初悪役に「すごく悩みまして」役作り明かした会見レポ

6/25(火) 19:00配信

アニメ!アニメ!

6月24日、映画『ペット2』(7月26日ロードショー)の吹き替え版完成会見が、東京のザ・ペニンシュラ東京にて開催された。会場には吹き替えキャストから、バナナマンの設楽統&日村勇紀のほか佐藤栞里、永作博美、内藤剛志、伊藤沙莉、宮野真守が登壇。最新作の魅力などを語り大いに盛り上がった。

【フォト】宮野真守/『ペット2』吹替版完成会見

設楽は、前作から3年の時を経てマックスを演じたことについて「『ペット2』は物語の世界の中でも時間が経過して、色々なことが変化しています。冒険や、友情や、成長物語や色々な話が入り組み詰まっているのに、すごくまとまって、スムーズに頭の中に入ってくるんです」とコメント。


日村は演じるデュークについて「この3年間でものすごく丸くなってます。別の犬みたいでものすごく可愛いです!マックスの成長も素晴らしいんですが、デュークもそれはそれはステキな犬になっているので、そのあたりも注目してほしいですね」と、その思い入れを明かす。

佐藤は、演じるケイティが本作で結婚・出産を経てママとなっただけに、「どうすればケイティの持つ母性を出せるのかな、と不安を抱えながら現場に行くと、マックスとデュークと、息子のリアムがものすごく可愛らしくて自然と母性が漏れてきたんです。なので、設楽さんと日村さんのおかげで、母になれました!」と演じる上での変化を語る。

永作は「クロエだけは相変わらずマイペースで、どうしたらこんな風になれるんだろうと、私も教えて欲しいくらいです(笑)ツンデレ具合も変わらず、自分の道を生きてました」と、クロエの変わらぬ魅力を紹介した。


ここで、最新作で新たに登場したルースターとデイジーの本編映像が初お披露目に。
英語版のルースター役はハリソン・フォードということで、演じた内藤は「英語の表現を日本語に直すことが難しく、ハリソンの演出なのか、癖なのかは分からないですが、ルースターはため息をつくんです。日本人のため息はネガティブなイメージもありますが、そうではないように表現することが苦労しました」と、その役作りについてコメントする。

もう一匹の新キャラクター・デイジーを演じる伊藤は、本作が吹き替え初挑戦だそうで、アフレコを「デイジーは見た目が可愛らしいキャラクターなので、間違いじゃないかな?と思っていたんですが、本国の声もハスキーボイスだったので、自分なりにゆっくりやっていこうと頑張りました」と振り返った。

そして、これまで数多くイルミネーション作品に出演し、本作では初の悪役を演じ上げた宮野は「今回は悪役に挑戦させていただきました。前回はおじいちゃんのタカ、今回は悪役と、自分の声優のキャリアとしてもやったことのない雰囲気の声を、いつも経験させていただいています」と感謝を述べる。


また、設楽が宮野の演技について「イケメンな声のイメージがありますけど、変幻自在でなんでもできる方なので、僕なんか監督に“ああして、こうして”と言われてもこの声しか出せないので、すごいな!と思います」と驚きを語ると、これには宮野が「この役は僕もすごく悩みまして。元々本国のキャラクターの声がロシア訛りで、英語もカタコトだったので、巻き舌にしてみたり工夫を重ねて、だんだん悪人っぽい声になっていきました。でもこの声を出し続けるのは大変で、収録が終わったら喉が枯れちゃいました」と、その役作りについて明かした。

会見はこの後、前作の会見時でも好評だった出演者の“ペット写真”を紹介するコーナーなどが繰り広げられ締めくくりへ。常に笑いの絶えない会見となり、キャスト全員のペット愛が伝わる大盛り上がりのイベントの幕が閉じた。

映画『ペット2』は、7月26日より全国公開。

『ペット2』
監督:クリス・ルノー
脚本:ブライアン・リンチ
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
現題:The Secret Life of Pets 2/全米公開6月7日(予定)
配給:東宝東和
声の出演:バナナマン(設楽統・日村勇紀)/佐藤栞里/永作博美/伊藤沙莉/内藤剛志 ほか
(C)Universal Studios.

アニメ!アニメ! 仲瀬 コウタロウ

最終更新:6/25(火) 19:00
アニメ!アニメ!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ