ここから本文です

“大団円”ラストに祝福の声多数、「SixTONES」松村北斗にも賞賛の声…「パーフェクトワールド」最終回

6/25(火) 22:45配信

cinemacafe.net

松坂桃李が車椅子の建築士を演じ主演、山本美月がヒロイン役を務める「パーフェクトワールド」の最終回が6月25日オンエア。感動の“大団円”ラストに多くの視聴者が祝福の声を上げるとともに、ゲスト出演した菅田将暉、本作で一躍注目度を上げた松村北斗にも賞賛の声が送られている。

【写真】「パーフェクトワールド」最終話

本作は「Kiss」(講談社)連載中の有賀リエによる人気同名コミックを原作に、大学時代に事故に遭い、脊髄を損傷、車いす生活をする建築士・鮎川樹を松坂さんが演じ、樹が高校の同級生・川奈つぐみと再会、心通わせ合うことで変化が訪れていくラブストーリーが展開してきた。


松坂さんと山本さんのほか、樹とつぐみの共通の友人でつぐみと一旦は婚約した是枝洋貴に瀬戸康史、樹をリハビリ時から支え続け秘かに想いを抱き続けてきた長沢葵に中村ゆり。つぐみの妹のしおりに岡崎紗絵。自身も足に障がいを持つ樹の同僚でしおりと親しくなっていく渡辺晴人に「SixTONES」松村さん。樹との結婚に猛反対するつぐみの父・元久に松重豊といった俳優たちも共演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
2人きりで話し合う樹と元久。そこで元久が倒れてしまい、手術を受けることになってしまう。手術は無事成功、リハビリが始まるが元久は車椅子生活を送ることに。大きな精神的ダメージを追った元久をどう支えればいいかと悩むつぐみに、樹は自らの経験を基に助言していく。

体調が回復した元久は樹のもとを訪ね、自分がリハビリが必要な体になって、様々な人に支えられたことで、自分の間違いに気付いた。樹を弱者と決めつけていたと謝罪。つぐみとの結婚を許す。


そして晴人も一級建築士に合格、しおりと関係を前に進めていき、是枝と葵もそれぞれの道を歩み出す…というラストだった。


樹とつぐみの結婚だけでなく全員が前向きに歩み出したラストに「納得できる形でつぐみと樹が結婚できて良かった」「男女の愛、親子の愛、友人や上司同僚の愛、、愛がたくさんつまっていて暖かい気持ちになりました」と祝福、感動の声が集まるとともに「沢山のことを考える機会になりました」「このドラマでいろんなこと学んだ」と本作のメッセージを感じ取った視聴者からの声も。


また主題歌「まちがいさがし」を歌う菅田さんが樹とつぐみの婚姻届を受理する職員役でゲスト出演。「役所の人菅田将暉じゃん」「役所の受付の人が菅田くん」などその登場を喜ぶ視聴者も多数。

そして晴人役の松村さんにも「難しい役なのに自然に演技してるほっくんかっこよかった」「改めて松村北斗を応援できて良かったなと思った」など賞賛のメッセージが多数寄せられている。

最終更新:6/25(火) 22:45
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事