ここから本文です

齋藤飛鳥&与田祐希、西野七瀬の卒業にしみじみ「大きな存在」

6/25(火) 21:08配信

シネマトゥデイ

 乃木坂46のドキュメンタリー映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』の完成披露上映会が25日に都内で行われ、齋藤飛鳥と与田祐希がグループを卒業した西野七瀬について感慨深げに語った。この日は、2人とともに秋元真夏、梅澤美波、高山一実、岩下力監督も登壇した。

齋藤飛鳥、秋元真夏ら乃木坂46の4年ぶりドキュメンタリー完成に喜び!【写真】

 本作は、前作『悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46』(2015)から4年ぶりとなる乃木坂46のドキュメンタリー映画第2弾。完成披露のこの日、スクリーンでは予告編映像が上映され、西野の卒業コンサートで抱き合う白石麻衣と西野の姿などが印象的に映し出された。

 感想を問われた与田は「この予告編の数秒で泣けるなんて……」と感極まった様子。続けて「七瀬さんの卒業は、私にとっても大きなことでした。(劇中には)泣いている私が出てくるんですが、それを観て、また泣いてしまった。それくらい七瀬さんは大きな存在だったんです」と語る。

 齋藤も「この予告編でもあるように、卒業した七瀬がたくさん出てきます。七瀬がいなくなって寂しくなったファンの方にぜひ観てもらいたいです。卒業したメンバーのことも監督がやさしさで包み込んでくれていて、みなさんもほっこりした気持ちで帰っていただけると思います」と嬉しそうに口にした。

 また、齋藤は前作が公開された4年前と比べて、メンバー同士の絆が深まっており、そのことは劇中にも表れているという。「前作は個人にフォーカスが当てられていたのですが、今回はグループの良さもきちんと伝えられている。みんなでいることの良さが前面に出ている気がします。同じグループのドキュメンタリーなのに、違うものになるんだなと思いました」と感想を述べた。

 秋元は生田絵梨花とのシーンが印象的だったそうで「いくちゃんとやりとりするシーンがあって、(自分についての)普段は聞けない話を聞けたのが嬉しかった。映画を観て、すぐに『いくちゃん!』ってメールを入れました。いくちゃんが恋しくなりました」とにっこり。さらに「この映画は嘘がない。メンバーの言葉や笑顔には嘘がなくて、とても好きな映画です」と満足げな様子を見せた。(取材・文:名鹿祥史)

『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』は7月5日公開

最終更新:6/25(火) 21:12
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ