ここから本文です

セルジオ・レオーネの監督作「ウエスタン」オリジナル版公開

6/25(火) 12:00配信

映画ナタリー

セルジオ・レオーネが手がけ、1969年に「ウエスタン」という邦題で上映された「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」のオリジナル版が9月27日より日本初公開される。

本作は、ルキノ・ヴィスコンティの「山猫」をもとに、米ニューオーリンズから西部に嫁いできた元高級娼婦ジルの目を通して、移り変わる時代とともに滅びゆくガンマンたちの姿を描いたもの。ジルを「山猫」のクラウディア・カルディナーレが演じ、共同原案には「ラストエンペラー」のベルナルド・ベルトルッチと「サスペリア」のダリオ・アルジェントが名を連ねた。作曲と指揮は、「荒野の用心棒」「夕陽のガンマン」などでレオーネと何度もタッグを組んだエンニオ・モリコーネが担当。

初公開時、アメリカではオリジナル版から20分短縮されたものが上映され、日本ではさらに短い2時間21分版が公開された。今回スクリーンにかかるオリジナル版は上映時間2時間45分だ。

1969年のダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で作品賞を受賞した「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」は、東京・丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国で順次公開される。

最終更新:6/25(火) 12:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ