ここから本文です

梅田にNY発のステーキ店「BLT STEAK」 六本木・銀座に次ぎ関西初上陸 /大阪

6/25(火) 13:22配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 NY発のステーキ店「BLT STEAK(ビーエルティーステーキ)」(TEL 06-6453-2911)が6月21日、梅田の商業施設「ハービスプラザ」(大阪市北区梅田2)1階にオープンした。運営は平城苑(東京都足立区)。(梅田経済新聞)

アメリカ農務省認定の牛肉を使った「ドライエイジング トマホーク」

 2004年にニューヨークで開業した同店。現在はラスベガス、ワシントン、香港、ソウルなどに13店を展開(大阪店含む)。大阪店は六本木、銀座に次ぐ国内3店目で、周辺の高級ホテルを意識してクラシックで上品な内装を目指したという。席数はテーブル80席、個室32席(4部屋)、カウンター12席。

 オープンに先立って行われた記者発表会ではお笑いコンビ「ハイヒール」のモモコさんと、ラグビー元日本代表の大畑大介さんが登壇。モモコさんは「(BLTの)ハワイ店にはよく行った。高級なお店なので、お金持ちと一緒に。自分でお金を出すときは節約するけど」と笑いながら話した。大畑さんは「ラグビー選手は体重制限がない。チームのみんなで(ステーキ店に)行くと牛一頭くらい食べたのでは」と現役時代を振り返った。

 ステーキはアメリカ農務省が最高位に格付けした「プライムグレード」のみ使用。メニューは形がおのに似ていることから名付けられた「ドライエイジング トマホーク」(1万5,120円)、サーロインとヒレの両方が楽しめる「ドライエイジング Tボーン」(1万6,200円)など。フランス料理から着想を得た「マグロのタルタル アボカド ライム醤油(しょうゆ)ドレッシング」(2,592円)、「ピーナッツバター チョコレートムース」(1,188円)などステーキ以外のメニューも充実させた。ディナーは別途サービス料10%。

 営業時間は、ランチ(7月開始予定)=11時30分~15時、ディナー=17時~23時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:6/25(火) 13:22
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事