ここから本文です

収入は6億円超え 高給取りウィザーズ八村塁を狙う“グルーピー”の正体

6/25(火) 12:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 米プロバスケットボール(NBA)ワシントン・ウィザーズへの入団が決まった八村塁(21=ゴンザガ大学)。

 1年目の年俸約4億5000万円に加え、大手スポーツ用品メーカーと契約したことから、来季の収入は6億円を超える可能性もある。

 21日の入団会見で八村は「攻守ともコーチに求められるものは何でもやれると思う。アスリートの顔になりたい」と、プロでの飛躍を口にしたが、顔が売れれば売れるほど、厄介な問題に頭を悩まされかねない。

「グルーピー」といわれる追っかけギャルの格好のターゲットにされるからだ。リーグ最高額の約41億6000万円のステフィン・カリー(ゴールデンステート・ウォリアーズ)を筆頭に高給取りが揃うNBAは、大リーグ以上にグルーピーが大挙して押し寄せるといわれる。

 グルーピーが選手に近づくのは、高給取りの玉の輿を狙っているだけではない。選手と関係を持って、それをネタにしてゆすりを働く美人局も少なくないという。

「試合会場の出入り口や宿舎のロビーで選手を待ち構えて、サインや写真をねだって近づくのがおっかけギャルの常套手段です。2015年以降、NBAファイナルを3度制覇しているウォリアーズのように人気チームにでもなれば、遠征先のホテルのワンフロア全てを押さえる集団のグルーピーもいるほどです」(専門誌記者)

■選手が気を許して酔っぱらった隙に…

 各チームともグルーピーへの注意喚起を促していることもあり、ここ数年は美人局の被害に遭う選手は少なくなっているそうだが、油断はできない。

 最近では選手が試合後に行くレストランやバーを調べて、偶然を装って近づく手口が増えている。

 レストランなどで親しくなり、選手が気を許して酔っぱらった隙に、高級時計などのブランド品を持ち去られる被害が相次いでいるのだ。

 八村は若手主体で行われるサマーリーグ(7月=ネバダ州ラスベガス)に参加する予定。入団間もないルーキーはカモにされやすいだけに、ウィザーズ期待の八村は、近寄ってくる女には用心するに越したことはない。

最終更新:6/25(火) 12:00
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ