ここから本文です

英首相候補ジョンソン氏の減税案、費用は年200億ポンド=研究所

6/25(火) 10:26配信

ロイター

[ロンドン 25日 ロイター] - 有力シンクタンクの英財政研究所(IFS)の試算によると、メイ英首相の後任を選ぶ与党・保守党の党首選で決選投票に進んだジョンソン前外相が計画している減税のコストは、年200億ポンド(約250億ドル)に達する可能性がある。

ジョンソン氏は、税率40%の対象となる所得金額区分について、現在の年5万ポンドから8万ポンドに引き上げることを提案している。

IFSによると、この層の税率を40%から20%に引き下げることに伴う財政上のコストは年およそ90億ポンドになる。

現在、8632ポンド超の年収に12%の国民保険(NI)給与税の支払い義務があるが、ジョンソン氏はこの水準を引き上げることを計画。

IFSは、最低課税年収が1000ポンド引き上げられると、政府に年30億ポンドの負担が生じる、としている。これに基づくと、課税最低限を1万2500ポンドに引き上げた場合、少なくとも110億ポンドのコストがかかる計算となる。

最終更新:6/25(火) 10:26
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ