ここから本文です

井上尚弥 モンスターの証し“5本のベルト”披露「もっと増やしていきたい」

6/25(火) 17:41配信

東スポWeb

 ボクシングWBC&IBF世界バンダム級王者・井上尚弥(26=大橋)が25日、横浜市内の所属ジムで、これまで腰に巻いた主要4団体に加え「リング誌」ベルトの計5本を披露した。

 5本全て獲得したのは日本人では初の快挙。IBFと「リング誌」は先月、英国で行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝に勝ったことで得たものだが、最近になって名前などが彫られたものが届き、井上も全てのベルトを並べたのはこの日が初めてだという。

 王者としての証しがズラリと並ぶと「歴史を感じる」と感慨深げ。さらに「どの試合にも思い出がある。これからも、もっと増やしていきたい」と意気込んだ。

 WBSS決勝は、WBAスーパー王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)と対戦する。日時と場所は未定だが「まずは、WBSS決勝で最高の結果が出せるように。次の対戦相手は決まっているので、どのように戦うか考えながら練習を行いたい」と闘志を燃やした。

最終更新:6/25(火) 18:00
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい