ここから本文です

永尾まりや“交際中”元阪神・赤星氏に迫る「私たち、家族になるの?」

6/25(火) 18:42配信

東スポWeb

 元AKB48の永尾まりや(25)、市川美織(25)、グラドルの原あや香(23)らが25日、都内で行われた家庭用ゲーム「プロ野球スピリッツ」発売記念イベント(コナミデジタルエンタテインメント主催)に出席した。

 発売15周年を迎える同ゲームは、ペナントレースのほか、女子アナや美人タレントらとプライベートを楽しめる「スタープレイヤーモード」、さらに自身の分身を甲子園出場からプロへと進ませる「高校野球育成モード」などを搭載する。

 タレント役の“フレッシュレモンちゃん”こと市川は「プライベートを充実させると、愛の力で活躍できるのかな。私はお金より愛。愛は大事。愛にはお金で買えない価値がある。一緒に愛をはぐくみましょう!」と笑顔でコメント。

 また、女子アナ役の永尾は「(ゲーム機能で)彼女にもなれるし、結婚もできちゃう。私のことを見て頑張ってくれる人がいいな」とアピールし、おもむろに「ノリ君、こっち来て!」と元阪神の赤星憲広氏(43)に語りかけた。

 女子アナの永尾と阪神のスター選手・赤星氏が交際しているという設定で「私たち付き合って3年になるのに、最近は野球ばかりでこっちを向いてくれない。私のことが本当に好きなのか不安になる。私たち、家族になるの?」などと迫真の演技を披露した。

 赤星氏は永尾の“逆プロポーズ”にあたふたしながらも「メッチャ好き。すぐ結婚する!」と即答し寸劇は幕を閉じた。市川が「赤星さんの顔が真っ赤になっている」と指摘したように、赤星氏は大照れで「リハも何もしてないから、どうしていいか分からない。なにせ独身なので、慣れていない。うまくできなかった」と苦笑しきりだった。

 現役時代はシュアなバッティングが持ち味だったが「この後、すぐ帰らなきゃいけない」と悔しそうな表情を浮かべながら、永尾からの“絶好球”を前に見逃し三振。「結婚の予定はない」と、当分は独身を貫くようだ。

 そんな赤星氏を元ロッテの里崎智也氏(43)は「たどたどしかったね」とバッサリ。「3人のうち、野球選手の妻に向いているのは誰」との質問には「そんなの本人の好み。彼女とケンカした翌日は結果がよくないとか、女性に影響されるようじゃ、プロ野球選手としてダメ」と指摘した。

 さすが2006年のワールドベースボールクラシックで正捕手を務め、打率4割超と打ちまくってチームを世界一に導いた名選手だけある。里崎氏の金言に、赤星氏は深くうなずいた。

最終更新:6/25(火) 18:42
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ