ここから本文です

天才役者とその代役が、組んだ肩を離すまで 「2人の関係性」を愛するすべての人に野田彩子『ダブル』を読んでほしい

6/25(火) 20:10配信

ねとらぼ

 野田彩子『ダブル』(ヒーローズ)を読みながら、運命について考えていた。

 お互いがお互いの人生を変えた関係を仮に「運命」と呼ぶなら、鴨島友仁(かもしま・ゆうじん)と宝田多家良(たからだ・たから)は間違いなく「運命」の2人だ。今作の主人公となる2人は役者であり、無二の友人でもある。

【画像】漫画を全部読む

 このように並列で書くと、2人がいつも並び立って対等に切磋琢磨してきたかのような印象を受けるが、実情としてはもう少し危うく、アンバランスであった。なぜかといえば、多家良が天才だったからである。

 多家良は友仁の舞台を見て演劇の世界に飛び込んだ。多家良を指導し、演劇論を教え始めた友仁は、すぐに多家良の才能に気が付く。こいつは格が違う。多家良が演じているのは「作品の中の数分間」ではなく、「生まれてから今まで、数えきれないほどの経験をし、数えきれないほどの景色を見てきた一人の人間が、物語に立ち会う数分間」だったのだ。

 そして多家良はいつも、友仁を裏切った。2人で考えた演技プランを、必ず最後に多家良が舞台上でふっと変更する。その裏切りこそが演技を完成させる最後の1ピースであり、友仁は客席で初めて「完成形」を見るのである。友仁は多家良の演技が極まるとき、いつも隣にいない。多家良はへらっと笑って「友仁さんがやった方がよかった」などと言い、この先もずっと二人三脚でいられると信じているのだろうが、友仁はそうは思っていない。

 「多家良の芝居は俺を裏切ることで完成する」「絶望が 裏切りが 多家良を輝かせる」「多家良は 世界一の役者に なるだろう」……友仁は噛みしめている。多家良の光に焼かれながら、自分にしかわからない絶望を。

 絶望した友仁は、どうしたか? 演劇をやめることを考えた? 「俺とあいつは違う」と逆張りに走り始めた? いや、どちらも違う。

 かわりに多家良の汚れた部屋を掃除し始めた。多家良のスケジュールを管理し始めた。文字の脚本では覚えられない多家良のために台本の読み聞かせを始めた。多家良が別のオファーで出席できなくなった稽古に、代役として参加するようになった。「俺はあいつになんでもしてやろうと決めた」……裏表紙に書かれたこの文言に象徴されているように、友仁は多家良を献身的に支え始めたのだ。自分が打ちのめされた多家良の才能を、世界に知らしめるために。

1/2ページ

最終更新:6/25(火) 20:10
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事