ここから本文です

寺島しのぶ、WOWOW“毒ドラ”で娘役の足立梨花を絶賛「会った瞬間、居ずまいが毒っぽかった」

6/25(火) 22:26配信

スポーツ報知

 女優の寺島しのぶ(46)、足立梨花(26)が25日都内で、親子を演じるWOWOW連ドラ、湊かなえ原作「ポイズンドーター・ホーリーマザー」(土曜・後10時、7月6日スタート)の完成披露試写で舞台あいさつを行った。

 “毒親&毒娘”の壮絶な展開。寺島は、足立に「初めて会ったときから、毒だ~! と思えた。居ずまいから毒娘っぽかった」とはまり役だったことを強調。「これってほめられてるのでしょうか?」と困惑ぎみの足立に寺島は「ほめてるのよ」と念押しして安心させた。

 原作は短編集で第155回直木賞候補作。母と娘の関係を軸にドロドロした情念を描く。寺島は女優の娘(足立)から見れば、自分の思うのままにコントロールしようとする“毒親”。しかし別の人間から見ると別人格に映るなど人物が多面的に浮かび上がっていく。

 一言で形容できない役どころに寺島は「人からどう見えているかで毒女、毒親になる。自分で決められるものでないだけに演じるものも難しかった。役の結論が出ないまま手探りのまま演じていた」といい、「大変でしたが、撮影現場ではワンシーンごとに話し合って撮れたのが楽しかった」と振り返った。

 全6話でこの2人に加えて清原果耶、中村ゆり、倉科カナ、伊藤歩が各話で主演する。

最終更新:6/26(水) 8:04
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事