ここから本文です

久保、トップ下で香川抜きVS南野に…担当記者の目

6/26(水) 5:32配信

スポーツ報知

◆南米選手権1次リーグC組第3戦 日本1―1エクアドル(24日・ミネイランスタジアム)

【写真】建英のファッションはイマドキ

 サッカー日本代表は、1次リーグC組第3戦でエクアドルに1―1で引き分け。2分け1敗勝ち点2の同組3位で、初の8強進出を逃した。トップ下でフル出場したMF久保建英(18)=Rマドリード=は後半ロスタイムに、こぼれ球を蹴りこんでゴールネットを揺らしたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の結果、オフサイドに。金田喜稔の最年少ゴール記録(19歳119日)更新は“幻”に終わったが、「今持てるものは出せた。楽しかった」と、すがすがしく振り返った。

 主力の大部分が派遣されず、東京五輪世代の若手を中心とした言わば“B代表”とみられてきた今回の森保ジャパン。しかしMF久保はその才能の片りんを示した。南米相手にも戦えることを証明した18歳が、22年のカタールW杯を目指して始まる9月のアジア予選メンバーに食い込んでくる可能性は高まった。

 今大会はトップ下としてプレーした久保の台頭で、森保ジャパンでの立場が最も危うくなるのはMF南野(ザルツブルク)だ。これまで森保ジャパンではトップ下の一番手に位置付けられてきたが、今年は出場した10試合で1得点と結果を残せていない。貪欲にゴールを狙うFWに近いプレースタイルの南野と、パサーの要素も強い久保。久保はエクアドル戦のスルーパスのように、チャンスメイク力では南野を上回る。タイプの違う二人が、今後はトップ下の座を争うことになるはずだ。同じくトップ下が主戦場のMF香川(ベシクタシュ)は代表生き残りへ、今夏に移籍するであろう新たなクラブでのアピールが必要となる。(金川 誉)

最終更新:6/26(水) 10:21
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事