ここから本文です

「なんて言う落ちゲー?」十姉妹の“遊び”に反響 鳥10羽と暮らす幸せ

6/25(火) 6:30配信

オリコン

 十姉妹が壁伝いに滑り落ちて遊んでいる様子を「落ちゲー」に例えてTwitterに投稿した動画が、3.3万RT、8.7万いいね、150万回再生と大きな反響に。動画を投稿したシマ鳥さん(@shimahekotori_)は鳥が好きで3種(セキセイ、十姉妹、カナリア)計10羽と一緒に暮らす会社員だ。飼育放棄などで保護された鳥も家族に迎えているシマ鳥さんに、鳥の飼育事情や10羽との暮らしや喜びについて聞いた。

【写真】テ鳥ス…? 十姉妹「落ちゲ―」の瞬間ほか、鳥種も超える仲良し写真50枚

■SNS用写真のポイントは“目”、突然のツイート拡散に驚きも

――先日投稿された「なんて言う落ちゲー?」には多くのRTやいいね、リプライがあり話題になっていました。

【シマ鳥さん】突然のことに驚きました。同時に、普段あまり光の当たらない十姉妹を多くの皆様に見ていただけたことが本当に嬉しかったです。

――そもそも、小鳥を飼いはじめたのはどのようなきっかけだったのでしょうか。

【シマ鳥さん】家族全員が大の鳥好きで、実家に暮らしていた頃から鳥と一緒でした。ただ、就職先が海外含めて転勤の可能性がある業種のため、実家を出た後は鳥と暮らすことを断念。そしてその後の転職をきっかけに再び小鳥をお迎えした流れになります。

――ではTwitterで発信しようと思ったきっかけは?

【シマ鳥さん】実はそもそもTwitterの楽しみ方が分からず、2016年まで登録すらしていませんでした。パートナーがよくTLに流れてくる小鳥の可愛い動画やおもしろネタを見せてくれていたので、羨ましくなって登録したのがきっかけです。

――写真や動画撮影のポイント、コメントの工夫はありますか?

【シマ鳥さん】説明したいこと、伝えたいことが無い限りは基本的にコメントを短文にするようにしています。あくまでも「うちの子を見て!!!!」という親馬鹿な思いです。特に私がこだわっているのは「目」です。鳥と暮らしたことのない人に、「鳥って表情ないからよくわかんなーい」と言われたことがあるのですが、これは鳥大好き人間からしたら「???」です。むしろ「イラッ」です(笑)。ちゃんと喜怒哀楽が表情、特に目に表れていると思っています。

1/3ページ

最終更新:6/27(木) 1:55
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事