ここから本文です

元バルサ点取り屋エトー「サラーはバルサと契約するべき」

6/25(火) 7:02配信

SPORT.es

サミュエル・エトーは他人の話を放っておくことはできない。今回は『BBC』への発言の中で、ここ数ヶ月クロップとの個人的な不仲によって、リヴァプール退団が注目されているモハメド・サラーの将来についてコメントを残している。

バルサがNBAのスーパースターを獲得!

エトーにとって、どのクラブがサラーの移籍先に適しているかは明確であった。「レアル・マドリーは僕にアフリカを離れるチャンスを与えてくれたが、僕はバルサのスタイルを知っているし、彼にはバルサの方が良いと思うよ」とエトーはコメントした。そして、「モー(サラーのニックネーム)は世界最高の選手になるための全ての要素を兼ね揃えている。もし世界一のリーグでプレーする機会があるならば、バルサと契約するべきだ」と力強く付け加えた。

サラーはこれまで、レアル・マドリー入りの方が強く噂されてきた。しかしながら、アザールの加入がこの選択肢を消したようであり、一方でバルサのターゲットは引き続きグリーズマンとネイマールと考えられている。そのため、エジプト人プレイヤーが今年の夏にリーガ・エスパニョーラに挑戦することは、厳しいことが予想される。

最終更新:6/25(火) 7:02
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事