ここから本文です

こだわりがハンパない! カーダシアン&ジェンナー家の、キッズの食生活が明らかに

6/25(火) 20:51配信

ELLE ONLINE

予想と違う!?

先月エレン・デジェネレスのトーク番組「エレンの部屋」に出演したクリス・ジェンナー&コートニー・カーダシアン。番組にはコートニーの子どもたちも登場し、末っ子のレインが「キャンディが欲しいー!」と騒ぎ始めるというキュートなシーンを披露していた。
セレブ界の頂点に君臨するカーダシアン家とはいえ、幼い子供たちを静かにさせるためにはキャンディの力に頼らざるを得ないみたい。そこでカーダシアン家の子どもたちが何を食べているのか早速調べてみた。

メイソン&ペネロペ&レイン・ディシク

コートニー・カーダシアンと元夫スコット・ディシクの間に生まれた3人。最近、ライフスタイルサイト「Poosh」を立ち上げたコートニーは何年もの間グルテンフリー、乳製品フリーの食事を続けているけれど、子どもたちも同じような食生活を送っている。

2016年には雑誌『USウィークリー』のインタビューでコートニーは子どもたちがグルテンやとうもろこし、乳製品に耐性があるかどうかを検査し、彼らに適したメニューを考えたと語っている。

その結果、朝食のメニューはグルテンフリーのワッフルにスクランブルエッグ。ワッフルは「アローヘッドミルズ」のオーガニックのグルテンフリーミックスを使っているそう。

ランチは「にんじんとセロリにフムスを添えたものに米粉で作ったグルテンフリーのトルティーヤにターキー。もしくはバンズを使わないターキードッグ」と語っている。
 
夕食は「蒸した野菜にグルテンフリーのパスタ。それに脂肪分のないタンパク質を添えることもある」そう。タンパク質は魚を選ぶことが多いとか。

お菓子なんて登場しない健康的な生活だけれど、レインは番組でキャンディを要求していたはず。コートニーによると「常に健康的な生活をしている」けれど、まれに例外を作っているそう。

「バースデーパーティがあるときにはグルテンフリーで乳製品フリーのカップケーキを作って持っていくわ。毎週、バースデーパーティーが続くこともあるのだけれど。子どもたちはそのカップケーキが大好きなの」

1/3ページ

最終更新:6/25(火) 20:51
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事