ここから本文です

ジャパンラグビー トップリーグカップ2019 開幕!

6/25(火) 12:10配信

J SPORTS

6月22日(土)、ジャパンラグビー トップリーグカップ2019が幕を開けた。今季はラグビーワールドカップ(RWC)日本大会が開催される影響で、2019年度のトップリーグは2020年1月の開幕だ。そうなると、日本代表以外の選手にとっては約1年間公式戦がないことになる。公式戦の機会を確保し、若い選手にチャンスを与え、ファンの皆さんにもラグビーを楽しんでもらう目的で今回のカップ戦が行われている。

参加するのは、トップリーグ16チームにトップチャレンジリーグの8チームを加えた計24チーム。4プールに分かれて総当たり戦を行い、各プール首位4チームがプレーオフに進む大会方式だ(トヨタ自動車ヴェルブリッツの辞退により、トヨタ自動車の試合は中止)。7月20日までプール戦を行い、8月4日に準決勝、8月10日に決勝戦となる。

チーム数が拡大されたことで開幕節では大差のゲームもあったが、22日のパナソニック ワイルドナイツ対日野レッドドルフィンズ(熊谷ラグビー場)は、終盤、日野が追い込んで31-29という大接戦になった。この春、帝京大学を卒業してパナソニックに加入したWTB竹山晃暉は、プレースキッカーを務めて4ゴール、1PGを決めた。また昨年度の大学選手権で準優勝した天理大のキャプテン島根一磨もデビューしている。

今大会は日本代表選手ほか各国代表選手らが出場しないため、各チームで新人選手がデビューし、昨季までプレー機会の少なかった選手が活躍する場が広がっている。和歌山県の紀三井寺で行われた神戸製鋼コベルコスティーラーズと近鉄ライナーズの試合では、神戸製鋼から近鉄に移籍したばかりの正面健司がSOとして出場して気を吐いた。最終的には、22-14で神戸製鋼が勝ったが、トップチャレンジの近鉄も来季のトップリーグ昇格に向けて自信になる内容だった。

パナソニック対日野と並んで接戦になったのが、6月23日(日)、秩父宮ラグビー場で行われたNTTコミュニケーションズ対東芝ブレイブルーパスだ。抜群の突破力を見せたのは、摂南大学出身で2年目のWTBジョネ・ナイカブラ。フィジー出身選手特有のバネの効いた走りで、FL山本紘史のトライを演出し、前半12分にはNTTコムのキックをキャッチしてカウンターアタック。約60mを一気に走り抜けてトライを決めた。

1/2ページ

最終更新:6/25(火) 12:10
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ