ここから本文です

ビットコイン再び急伸、15カ月ぶり高値試す

6/25(火) 8:23配信

ロイター

仮想通貨ビットコインが24日の取引で、15カ月ぶり高値を試す展開となった。週末に10%超上昇し、23日遅くには昨年3月以来の高値となる1万1247ドルをつけていた。

専門家は、投資家の間で仮想通貨への楽観的な見方が再び強まっていると指摘する。米フェイスブックが先週、デジタル通貨「リブラ」計画を公表したことがきっかけとみる。

だが、規制当局や政策立案者は早くも疑問を投げかけている。

イングランド銀行(英中銀)のカーニー総裁はこう警告。
「英中銀は、『リブラ』に先入観を抱かない姿勢だが、門戸開放というわけでもない。利用者が数十億人に至った今頃になって基準や規制が議論され、制定されるソーシャルメディアと異なり、リブラのような技術革新に関与する条件は導入のかなり前に整備する必要がある」

トレーダーは、中東情勢の緊迫化や米中貿易摩擦などの地政学的要因がビットコインを支援していると指摘する。
投資家は、自国通貨の下落に対するヘッジとして、ビットコインに注目している。
各国の中央銀行が利下げに傾く中で、リターンを求めるヘッジファンドにとっても、ビットコインのボラティリティーは魅力だ。
これらがビットコインが今回急伸した主な理由だ。

最終更新:6/25(火) 13:24
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい