ここから本文です

県西部から中部で激しい雨 6月24日夜から25日未明 鉄道にも影響

6/25(火) 12:29配信

静岡放送(SBS)

静岡放送(SBS)

 6月24日夜から25日未明にかけ県西部と中部では激しい雨が降り、鉄道などに影響が出ました。
「島田市内、断続的に激しい雨が降り続いています。雨粒もけたたましい音を立てて地面に打ちつけています。」(和田啓記者)
 県内は24日夜から25日未明にかけ、発達した雨雲の影響で袋井市付近から焼津市付近にかけ非常に激しい雨が振りました。降り始めから25日午前5時までの雨量は、掛川で80.0mm、菊川牧之原で74.5mm、静岡空港で47.0mmなどとなり、掛川市と袋井市、菊川市には土砂災害警戒情報が発表されました。
「時刻が午後10時45分をまわったJR静岡駅です。大雨の影響で東海道線が運転を見合わせていて、多くの人が駅構内に足止めされています」(松木翼記者)
 この雨の影響でJR東海道線は一部区間の上下線で一時、運転を見合わせました。
「焼津まで帰るつもりが(電車が)止まってたので帰れなくて。息子に来てもらうところが、家から出れないって。足首まで水が来てて」(駅利用客)
 JR藤枝駅は雨漏りで水浸しになる部分もありました。25日の県内はおおむね晴れる見込みです。

静岡放送(SBS)

最終更新:6/25(火) 12:29
静岡放送(SBS)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事