ここから本文です

宇部市立図書館でノーベル賞に輝いた日本の科学者展

6/25(火) 14:16配信

宇部日報

国立科学博物館の巡回展、宇部育ちの本庶さんら

 国立科学博物館の巡回展「ノーベル賞を受賞した日本の科学者」が、宇部市立図書館で開かれている。宇部高出身で京都大特別教授の本庶佑(ほんじょ・たすく)さんら科学分野での受賞者23人の功績などを紹介し、来館者たちが関心を寄せている。30日まで。
 
 山口大工学部が創立80周年記念事業として開催。1949年に日本人で初めてノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹博士以降、歴史に名前を刻んだ科学者たちの研究成果や経歴をロールスクリーンパネルで紹介。実際の実験ノートなど関連資料21点も展示している。
 
 昨年10月に医学生理学賞を受賞した本庶さんのパネルでは、新しいがん免疫療法の仕組みについて、子どもたちにも分かりやすく解説。同じ古里で育った偉人の功績を市民にアピールするかのように、会場の入り口に展示している。
 
 入場無料。時間は図書館の開館時間と同じ。7月5~15日には山陽小野田市のおのだサンパーク2階大催事場でも開かれる。

最終更新:6/25(火) 14:16
宇部日報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事