ここから本文です

令和時代の新しいライフデザインとは

6/25(火) 18:40配信

ファイナンシャルフィールド

大切なのは予算案。これが夢を夢で終わらせないコツです。長期計画ですが、45歳までは2~3年に一度、45歳を過ぎたら誕生日ごとに検討する等、具体的にツメていきましょう。これと一緒に『ライフプランニング』(キャッシュフロー)で、年間の収支計画を立てると「不足する資金」がわかります。

そうするとどうやって資産形成をしたら良いか、みつめ直すことができますね。

もし余ったら、夢の追加をしてみたらいかがですか?墓場にお金は持っていけません。自分でできなければFP(ファイナンシャルプランナー)へ相談するも良し。ここまでライフデザインを描いてから、相談にきて頂けると充実したアドバイスができます。

そして大切なのは、トライ&エラーを繰り返すこと。例えば、急な出費や収入の減少で予算を縮小しなくてはならなくなった際は、夢の規模や期間を変えて、再度デザインをしてみましょう!諦めるのではなく、変化させれば良いのです。こうやっていくうちに、自分の人生が実現した時の喜びはひとしおでしょう。まずは、トライしてみてください!

執筆者:寺門美和子(てらかど みわこ)
ファイナンシャルプランナー、相続診断士

ファイナンシャルフィールド編集部

3/3ページ

最終更新:6/25(火) 18:40
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事