ここから本文です

梅雨と盛夏 コントラスト明瞭か 9月残暑 気象庁3か月予報

6/25(火) 15:08配信

ウェザーマップ

 気象庁は25日、向こう3か月(7~9月)の天候の見通しを発表した。太平洋高気圧は期間の前半、本州付近への張り出しが弱い見込み。このため、東・西日本を中心に、向こう3か月の降水量が平年並みか多くなる見通し。向こう3か月の気温は、北・東・西日本はほぼ平年並の見込みだが、暖かい空気に覆われやすい沖縄・奄美は高い予想となっている。

7月 東・西日本は雨が多い

 太平洋高気圧は日本の南で強いものの、本州付近への張り出しは弱い見込み。このため東・西日本は、高気圧の縁に沿って湿った空気が流れ込みやすく、梅雨前線の影響も受けやすいため、平年に比べて曇りや雨の日が多い見込み。一方、沖縄・奄美は、平年と同様に晴れの日が多くなりそうだ。

8月 盛夏らしく

 東・西日本と沖縄・奄美では、平年と同様に晴れの日が多い見込み。北・東・西日本は前回の天候の見通しにおける「多雨傾向」の予報を弱め、降水量はぼぼ平年並みとなった。

9月 気温高い傾向

 北・東・西日本の天候は平年と同程度と見込まれ、気温は平年並みか高い予想となっている。沖縄・奄美は、湿った空気の影響を受けにくく、平年に比べて晴れの日が多い見込み。

最終更新:6/25(火) 15:14
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事