ここから本文です

ついに登場のスピーダー「エボ6」に、「Aグラインド リルウッド」。ツアー会場で見つけた最新ギアレポート

6/25(火) 18:30配信

みんなのゴルフダイジェスト

今週開催の男子ツアー「ダンロップ・スリクソン福島オープン」の会場であるグランディ那須白河GCの練習場に、なにやら見慣れないシャフトが……どうやらフジクラの「スピーダーエボリューション」の最新作のようだ! 早速チェックした。

国内ツアーで人気のシャフトといえば、フジクラのスピーダーシリーズ、グラファイトデザインのツアーADシリーズ、三菱ケミカルのディアマナシリーズ、それに加えてシャフトラボのアッタスシリーズといったところ。

ツアーADとディアマナは、すでにツアーAD XC、ディアマナZFといった最新モデルがツアーに投入されているが、今週からスピーダーの最新モデル、「スピーダーエボリューションVI(6)」がツアーデビューした。

だがこのシャフト、まだ未発表のモデル。メーカーに尋ねても、写真撮影はOKだが詳細はナイショとのこと。すると、練習場にフラッと顔を出した岩本高志が興味を示してテスト開始。そのインプレッションを聞かせてもらった。

「弾道が強くてスピンが少ない感じで飛んで行きますね。インパクト付近でシュッて振り抜けるから振りやすいです」

取材を進めると、どうやら「スピーダーエボリューションIV(4)」の後継的なモデルで中調子のよう。テストした岩本がそのまま練習ラウンドに持って行ったから、まずは出足好調か。

さて、練習場で同じく岩本が興味を持って試していたのが、Aデザインゴルフの「Aグラインド リルウッド」。リルとは英語のリトルのことで、要するに“小さいウッド”ということだ。

ただ、面白いのはこのクラブ、“小さいウッド”といっておきながら見た目的にはユーティリティ。なんでも、チップ径(シャフト先端のクラブとの接着部の太さ)がフェアウェイウッドと同じで、フェースやソールの丸み等もフェアウェイウッド的に設計されている、見た目はUT、打つとFWといったモデルなんだとか。

「今までのUTだと球が強くなり過ぎていたけど、これはしっかり上がってくれるから止められそう。顔つきも良くて抜けもいいですね」とは試打した岩本の弁。“Aグラインド”はツアーで人気のブランドだけに、こちらも話題になるかも。

みんなのゴルフダイジェスト編集部

最終更新:6/25(火) 18:30
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ