ここから本文です

マイケル・ジャクソン没後10年、虐待疑惑再燃でも衰えない人気

6/25(火) 14:29配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【6月25日 AFP】2009年に米歌手マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)さんが、処方薬の過剰摂取により50歳で亡くなってから25日で10年になる。今年になって再び子どもに対する性的虐待疑惑が取り沙汰されているが、「キング・オブ・ポップ(King of Pop)」の人気はいまだ衰える気配がない。

 米カリフォルニア州ロサンゼルスの「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム(Hollywood Walk of Fame)」にあるジャクソンさんの星形プレートの前では、ひっきりなしに押し寄せる観光客が自撮りにいそしんでいる。付近の土産物店やタトゥー店、ストリート・パフォーマーたちも、ジャクソンさんを売りにした商売に力を入れている。

 米ケーブルテレビ局HBOは3月、ジャクソンさんから子どものときに性的虐待を受けていたという衝撃的な告発を取り上げたドキュメンタリー映画『ネバーランドにさよならを(Leaving Neverland)』を放映した。ジャクソンさんが自身の名声と魅力を利用して少年たちを性的に虐待していたとされるのは、ハリウッドの中心地から車でわずか数時間しか離れていない所にある、自宅兼遊戯施設「ネバーランド(Neverland Ranch)」だった。

 AFPの取材に応じた大半のファンは、このドキュメンタリーのことは知っていると話す。だが「スリラー(Thriller)」をはじめとするさまざまなヒット曲を聴いて育ったファンには、スーパースターを崇拝する気持ちが何よりも強いようだ。

 ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームを訪れていたオランダ人観光客は、「ここに来たのはマイケルのためだ。他の(有名人の)星形とは自撮りしない」と話し、こう続けた。「あのドキュメンタリーで語られていることの一部はかなりきついが、100%本当だとは言えない…私はマイケルのことがただ大好きで、彼のことを愛している。他の人も皆、そうだと思う」

■盛り上がりに欠ける命日、ファンは不満

 世界中の熱心なファンは命日である25日にハリウッドで、ジャクソンさんの星形プレートに集まるイベント「MJ Innocent Love Rally(ジャクソンさんの無実と愛を伝える集会)」を計画している。さらに、ロサンゼルスのベニスビーチ(Venice Beach)では、参加者がゾンビに扮(ふん)したダンス大会や、ファンが制作したトリビュート映画の上映会なども行われる予定だ。

 命日には毎年、ロサンゼルス郊外のフォレストローン墓地(Forest Lawn Memorial Park)のジャクソンさんの墓にバラの花を手向けるイベントが開催されているが、現地で参加できないファンには寄付を募っている。主催者は取材に対し回答はしなかったが、自身のツイッター(Twitter)で、今年は1万8000本以上という記録的な数のバラの花が購入されたと書いている。

 だが、イベントのフェイスブック(Facebook)ページの登録数は非常に少なく、ファンサイトの掲示板は、今年の命日のイベントが世間的にはそれほど盛り上がっていないことへの不満を表す書き込みであふれている。

 米娯楽誌バラエティ(Variety)によれば、テレビ局やプロデューサーらは、以前から温めてきた記念番組の放送を中止したという。

 だが、ジャクソンさんの商業的な影響力は健在だ。

 AFPはハリウッドの大通りに並ぶ土産物店10軒以上を訪ねたが、店頭からジャクソンさん関連グッズを撤去した店は1軒のみだった。他の店にはジャクソンさんの似顔絵入りのTシャツやキーホルダー、コースターなどがずらりと並べられており、ジャクソンさんよりグッズの数が多い有名人は米歌手エルビス・プレスリー(Elvis Presley)さんと米女優マリリン・モンロー(Marilyn Monroe)さんだけだった。

 映像は「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」にあるジャクソンさんの星形プレートの前でダンスを披露するストリート・パフォーマーや星形プレートを撮影する観光客ら。21日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:6/25(火) 22:01
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ