ここから本文です

直前に容疑者が男性2人と口論 名古屋市2人刺殺

6/25(火) 16:18配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

24日夜、愛知・名古屋市で男性2人が殺害され、男が逮捕された事件で、3人が口論になっていたことがわかり、警察は、何らかのトラブルがあったとみて調べている。

24日午後10時半ごろ、名古屋市北区の路上では、会社員・赤松英司さん(41)と赤松さんの同僚・小笠原智之さん(44)が胸や腹などを複数箇所刺され、倒れているのが見つかり、いずれも搬送先の病院で死亡した。

その後、警察は、現場近くに住む、自称無職の佐藤俊彦容疑者(38)を小笠原さんへの殺人容疑で逮捕した。

調べに対し、佐藤容疑者は黙秘しているということだが、事件の直前、佐藤容疑者と赤松さんらとの間で口論になっていたことが捜査関係者などへの取材で新たにわかった。

目撃者は、「2人がくっついて、取っ組み合いみたいなけんかをしていて、振り返ったら血だらけでした」と話した。

警察は、佐藤容疑者と赤松さんらとの間で何らかのトラブルがあったとみて、事件の経緯をくわしく調べている。

(東海テレビ)

FNN

最終更新:6/25(火) 16:18
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事