ここから本文です

和久井麻由、西郷真央が首位発進 17年覇者の安田祐香は10位

6/25(火) 19:39配信

my caddie

 日本ゴルフ協会(JGA)が主催する2019年度(第61回)日本女子アマチュアゴルフ選手権競技は25日、愛媛県のエリエールゴルフクラブ松山(6508・パー72)で第1ラウンドが行われ、和久井麻由、西郷真央が8アンダー64を叩き出し、首位で並んでいる。

【写真】オーガスタでプレーした安田祐香

 1打差単独3位に古江彩佳、4打差4位タイに岩井明愛、上野菜々子、後藤未有、岩崎美紀、尾関彩美悠、アビゲイル・アレバロ(フィリピン)が続く。

 2017年覇者の安田祐香は4バーディ、1ボギーの「69」で回り、3アンダー10位タイで初日を終えた。

 西村優菜、小倉彩愛、梶谷翼は1アンダー24位タイ、佐久間朱莉は3オーバー83位タイ。なお、昨年覇者の吉田優利は怪我のため欠場している。

最終更新:6/25(火) 19:52
my caddie

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事