ここから本文です

「動く防犯カメラ」で事件の早期解決へ…ドライブレコーダー映像提供で協定 香川

6/25(火) 16:06配信

KSB瀬戸内海放送

 企業の社用車につけた「ドライブレコーダー」の記録映像を警察に提供します。事件・事故の早期解決や抑止につなげようと香川県琴平町の企業などでつくる団体と警察署が協定を結びました。

 琴平警察署の堀江良英署長と琴平安全運転管理者協議会の清田幸弘会長が調印しました。協議会は、琴平署管内で5台以上の車を所有している企業83社で構成されていて、ドライブレコーダーを搭載した車は約250台あります。

 協定では、警察が交通事故や犯罪捜査で必要な場合、加盟企業にドライブレコーダーのデータの照会や提供を求めることができます。
 また、運転者の安全意識の向上を図る狙いもあります。こうした協定の締結は香川県で初めてです。

(琴平警察署/堀江良英 署長)
「ドライブレコーダーっていうのは動く防犯カメラ。それを有効に活用させていただいて、交通事故、それから各種犯罪の早期検挙に結びつけていけたらなと思います」

最終更新:6/25(火) 18:52
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事