ここから本文です

ジョージ王子とシャーロット王女、父の友人の結婚式で再び大活躍

6/25(火) 21:51配信

ELLE ONLINE

ヘンリー王子&メーガン妃、ユージェニー王女&ジャック・ブルックスバンク、そしてキャサリン妃の親友ソフィー・カーター&ロバート・スナッグスのウエディングで、大役を果たしたケンブリッジ公爵夫妻の長男ジョージ王子と長女シャーロット王女。

【写真】歴代英国ウェディングに参加したロイヤルキッズ

今度は、父ウィリアム王子の親友トーマス・ヴァン・ストラウベンジーの結婚式で、ページボーイ&ブライズメイドを務めることが明らかとなった。

トーマスは先日、トーマス・バタシー校で教員を務めるルーシー・ラニガン=オキーフと婚約。トーマス・バタシー校といえば、ジョージ王子が通う名門学校。シャーロット王女も2019年9月から入学することになっている。

英『サンデー・タイムズ』紙の王室記者ロヤ・ニッカーいわく、「トーマスとルーシーが出会ったきっかけは不明」だそうだが、もし「恋のキューピッドはウィリアム王子もしくはキャサリン妃」と発表されても、驚く人は少ないという。また、ウエディングに関する詳細はまだ発表されていないが、ウィリアム王子はアッシャー(花婿のサポート役)を務めるとみて間違いないとのこと。

現在36歳のトーマスは実はバツイチ。2013年に元妻レディ・メリッサ・パーシーと結婚し、その3年後に離婚している。ちなみに、ウィリアム王子&ヘンリー王子はその結婚式でもアッシャーを担当していた。

ロイヤルファミリーとヴァン・ストラウベンジー家は昔から親交があり、ウィリアム王子&ヘンリー王子は、トーマスとその弟チャーリー、そして2002年に交通事故で亡くなった兄ヘンリーの3兄弟と一緒に、バークシャー州にある全寮制の男子校ラドグローブ・スクールに通っていた。

また、トーマスはシャーロット王女のゴッドファーザーであるため、チャーリーはヘンリー王子&メーガン妃の第1子アーチーのゴッドファーザーに選ばれるのでは?とも噂されている。トーマスの結婚式とともにアーチーの洗礼式にも引き続き注目!
(Translation: Reiko Kuwabara From TOWN&COUNTRY)

最終更新:6/25(火) 21:51
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ