ここから本文です

コカイン売った女 罪認める ピエール瀧被告に15万円で

6/25(火) 16:25配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

俳優でミュージシャンのピエール瀧被告にコカインを譲り渡した罪に問われている女が、初公判で起訴内容を認めた。

無職の田坂真樹被告は2019年3月、神奈川・横浜市の駐車場で、ピエール瀧こと、瀧正則被告に、コカインおよそ6グラムを15万円で譲り渡した罪に問われている。

25日の初公判で、田坂被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

また、被告人質問で動機について、「瀧さんのように有名な芸能人と仲がいいという優越感と、チケットを取ってもらったりしたかったからです」と述べた。

一方、検察側は証拠調べで、瀧被告へのコカインの譲り渡しについては、「飲み会に参加する?」という隠語で連絡を取り合っていたことを指摘した。

瀧被告には、懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決が言い渡されている。

そして25日午前、検察側は、懲役2年6カ月を求刑した。

FNN

最終更新:6/25(火) 16:25
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ