ここから本文です

総合で福島県3施設が1位 じゃらんアワード・東北ブロック

6/25(火) 11:35配信

福島民友新聞

 旅行サイト「じゃらんnet」を運営するリクルートライフスタイル(東京都)は24日、2018年度に顕著な実績を収めた東北の宿泊施設を表彰する「じゃらんアワード2018(東北ブロック)」の結果を発表した。じゃらんnetのクチコミ評点(総合)が上位の宿泊施設に贈られる「じゃらんOF THE YEAR泊まって良かった宿大賞」で、福島県の施設が4部門中3部門で1位に輝いた。
 50室以下部門で「Lake side inn Beehive(びーはいぶ)」(北塩原村)、51~100室部門で吹の湯旅館(いわき市)、101~300室部門でダイワロイネットホテル郡山駅前(郡山市)がそれぞれ1位に輝いた。「Lake side inn Beehive」は朝食や夕食、接客・サービスの評点に限定したランキングでもそれぞれ1位だった。
 ランキングのほか「じゃらん編集長が選ぶ元気な地域大賞」に県旅館ホテル生活衛生同業組合青年部が選ばれた。
 「じゃらん編集長が選ぶベストプランニング大賞」には、飯坂ホテル聚楽(福島市)のプラン「ファミリー【夏休み冒険王】笑顔を缶バッジに封印&なぞ解きラリーで名探偵に変身!ワクワク大人気プラン♪」が選ばれた。

最終更新:6/25(火) 11:38
福島民友新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事