ここから本文です

イージス・アショア不要論に維新・足立議員「この状況を変えたいなら、自分のことは自分で守る国を作るしかない」

6/25(火) 14:11配信

AbemaTIMES

 陸自新屋演習場(秋田市)とむつみ演習場を配備候補地として導入が進められている地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」。しかし調査報告書のミスや住民説明会における防衛省担当者の居眠りなど、岩屋防衛大臣は釈明と謝罪に追われている。総額約4660億円かかるとみられているこの計画は、当初2023年度中の運用開始を目指していたものの、2025年以降にずれ込む見通しとなっている。

 22日放送のAbemaTV『みのもんたのよるバズ!』に出演した社民党副党首の福島瑞穂参議院議員は「秋田の新屋演習場の隣はスポーツセンターだ。周りに住宅もあるし、学校もある。しかも津波がやってくることもある。これが適地だとは全く思えない。ロッキード・マーティン社がハワイに作るレーダーの研究施設の費用について、日本に持ってくれと言った。“持つのか、持たないのか。持つのは問題だと思う“と本会議で防衛大臣に質問したが、答えなかった。ということは、2019年度だけで2345億円の予算が成立しているが、もしかしたら研究所のお金も入っているかもしれない。そもそもイージス艦は動けるけれども、地上のイージス・アショアは狙われたら動けない。そして萩市と秋田市というのも、グアムとハワイに向かうものを迎撃するためではないのか。つまり、日本のためというよりも、アメリカの基地を守るための施設を日本が買わせられるということではないか。日本はアメリカから武器を7000億円分爆買いする。去年よりも3000億円分も増えている。日米安保条約を肯定する立場の人でも正しいと思うのか」と問題提起。

 国民民主党副代表の渡辺周衆議院議員は「すでにアメリカはレイセオン社のSPYというレーダーを持っている。そっちよりもロッキード・マーティン社のSSRは安いし、色々考えていいかなということで買った。ただ、アメリカでも実証実験をしておらず採用もされていないので、実験のための設備に日本もお金を出してほしいということになり、結局は高い買い物をしてしまった。トランプ政権がレイセオンを採用したので、入札から外れてしまったロッキードが日本に押し付けた、という見方をされてもおかしくない」と補足した。

 立憲会派の小西洋之参議院議員は「そもそも軍事政策的に本当に必要なのかということだ。最新鋭のイージス艦を8隻持つことで、分かりやすく言うと東京の空を3重に守れる。その上で、本当にイージス・アショアがないといけないのか。私おかしいと思う。実は設置の理由について、彼らは図らずも国会で言ってしまっている。つまり、海上自衛隊の護衛艦いずも、かがにF35戦闘機を載せて空母化する。これをインド洋に派遣する場合、空母は弱いのでイージス艦で守ってあげないといけない。いわば北朝鮮のミサイルから日本を守るイージス艦を空母の護衛に出す、その代わりにイージス・アショアを入れるということだ」と指摘した。

 こうした批判に対し、自民党の猪口邦子参議院議員は「絶対的に必要なシステムだ。今は冷戦期のように抑止力で相手が絶対に撃ってこないという体制では必ずしもない。万が一抑止が効かない相手がミサイルを発射した時に確実に迎撃できる。陸上設置なので、命中精度も非常に良くなる」と反論した。

1/2ページ

最終更新:6/25(火) 14:11
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事