ここから本文です

事故で息子を亡くした女性が講演 被害者同士の交流の大切さ訴える 高松市

6/25(火) 18:25配信

KSB瀬戸内海放送

 犯罪や事故に巻き込まれた被害者や遺族の現状を知ってもらおうと、交通事故で息子を亡くした女性が高松市で講演しました。

 かがわ被害者支援センターと香川県警察協会が年に2回開いている講演会です。
 講師は、神奈川県在住の鴻巣たか子さんです。2002年に当時31歳の長男を交通事故で亡くした時の思いを振り返りました。

(交通事故で息子を亡くした/鴻巣たか子さん)
「自分は悪夢の中に今いて『これが現実な訳がないから、あすの朝になったら、夢は覚めて元に戻っているはず。これが現実なはずはない』とずっと思っていました」

 現在、犯罪被害者の支援活動を行っている鴻巣さんは、自らの経験を踏まえ被害者同士の交流が大切だと訴えました。

(鴻巣たか子さん)
「仲間にぜひ出会っていただきたいですし、実際に会うことが無理なら、ネットなどでいろいろな話をネットを通じてすることも大切だと思っています」

 かがわ被害者支援センターでは犯罪被害者や家族に対する支援ダイヤルを設け、無料で相談に応じています。(087-897-7799 月曜~金曜の午前10時から午後4時)

最終更新:6/25(火) 18:53
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事