ここから本文です

U-21欧州選手権、スペイン代表対フランス代表のビッグマッチに決定

6/25(火) 17:42配信

SPORT.es

スペイン代表は24日(月)、準決勝の対戦相手が決まる試合であったため、フランス対ルーマニアの一戦の結果を気にかけていた。結果は引き分けに終わり、ルーマニアが首位、そして3グループのうち最も成績の良かった2位のフランスも決勝トーナメント進出を決めている。

CL決勝でカメラなど12台もの電子機器を盗んだ窃盗団が逮捕される

激しい試合になったものの、最終的には両チームが決勝トーナメントに進出する結果(0-0)となった。イタリアも2位で決勝トーナメント進出の可能性があったが、この結果によって予選敗退となっている。フランスがグループCの2位となり、27日(木)に行われるスペイン代表の準決勝の対戦相手となる。

もう一つの準決勝は、残りのグループの首位同士であるドイツとルーマニアの対決となる。決勝戦は30日(日)にウディネのスタディオ・フリウーリ(ウディネーゼの本拠地)で開催される。

スペインとドイツは大会の本命チームであり、2017年にポーランドで行われた決勝のカードが、再びファイナルでぶつかり合うかもしれない。その年の決勝はドイツ代表が、当時からセバージョスやバジェホがプレーしていたスペイン代表を破り、優勝を果たしている。

SPORT.es

最終更新:6/25(火) 17:46
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事