ここから本文です

堂安、同世代多数出場のコパ・アメリカはどう映ったか

6/25(火) 20:34配信

SPORT.es

25日、スイスの高級腕時計ブランド『HUBLOT』主催のチャリティーイベントに参加した日本代表MF堂安律が、コパ・アメリカでのグループステージ敗退が決まった同僚たちの戦いについてコメントした。

堂安律 新シーズンへ抱負「もう1回化けたい」

日本対エクアドル戦も視聴したのかとの問いに「はい、もちろん(見た)」と即答した堂安は、「僕が言うのもなんですが」と前置きしつつ、「本当に逞しい。日本人らしく最後までハードワークして戦っていた。本当に刺激をもらってばかり。これ以上ない刺激をオフ期間中に頂けた」と語った。
大いに刺激を受けた様子の堂安は、「あとは自分がやるだけ」と新シーズンに目を向けた。

6月16日に21歳を迎えたばかりの堂安と同世代の選手達が多く活躍したことに関して、“ライバル意識はあるか”との問いに、「たくさんそういった質問はされるが、有り難い、感謝でしかない。そういう環境に自分の身を置けることは本当に幸せなこと。それを拒否するようじゃサッカー選手としてトップ ・トップには行けないと思う。歓迎して自分も負けじと頑張りたい」と述べた。

SPORT

最終更新:6/25(火) 20:34
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事