ここから本文です

リヴァプールがオランダの17歳ファン・デン・ベルフ獲得を狙う…今夏は争奪戦も?

6/25(火) 19:02配信

GOAL

U-19オランダ代表の17歳の逸材をめぐり、今夏の移籍市場では争奪戦の様相を呈している。

リヴァプールがPECズヴォレのセップ・ファン・デン・ベルフ獲得に向けて動いていることが『Goal』の取材で分かった。同選手はバイエルン、アヤックス、PSVなども獲得に関心を示しており、サンプドリアはすでに2500万ユーロ(約30億円)のオファーを送っていたとの報道も。

18-19シーズン、冬の移籍市場でリヴァプールは17歳のオランダ人DFキ・ヤナ・フーフェルをアヤックスから獲得。オランダから続けて、同世代の“怪物DF”とも称されるファン・デン・ベルフを引き抜くため、チーフスカウトのバリー・ハンターが実際に動いているという。

2001年生まれ、現在17歳のファン・デン・ベルフはズヴォレの下部組織育ちで、ヤープ・スタム監督の下、トップデビュー。18-19シーズンはリーグ戦15試合に出場し、同僚中山雄太とは一緒にピッチに立つ試合も。まだ17歳ながら189センチの長身を生かしたパワフルな守備で、ビッグクラブから視線を集める存在となっていた。

今夏の移籍市場では、19歳のオランダ代表DFマタイス・デ・リフトが注目銘柄と目されていた。だが、その一方で2歳年下のファン・デン・ベルフが驚きをもたらす可能性もありそうだ。

最終更新:6/27(木) 18:42
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事