ここから本文です

今夏来日のチェルシー、ランパードと公式に交渉中! ダービーが声明を発表

6/25(火) 20:45配信

GOAL

チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に所属するダービー・カウンティは25日、クラブを指揮するフランク・ランパード監督とチェルシーの交渉を許可する声明を発表した。

2018-19シーズンのプレミアリーグを3位で終えたチェルシーはシーズン後、マウリツィオ・サッリ監督がユヴェントス指揮官就任に伴って退任。後任として、同クラブのレジェンドであるランパード監督の名前が挙がってきた。

ダービーはランパード監督について、「チェルシーに対して、ランパードと話す許可を与えることにした。スタンフォード・ブリッジで空位となっている管理職(監督)に関するものである。両クラブともにプレシーズンが迫っており、議論を迅速に終わらせることが望まれる。そのためのものである」との声明を発表した。

元イングランド代表MFのランパード監督は、ユース時代を過ごしたウェスト・ハムから2001年にチェルシー入り。所属した13シーズンで公式戦600試合以上に出場し、MFながら同クラブの歴代最多得点記録を保持している。

なおチェルシーは今夏、プレシーズンで来日することが決定しており、「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019」(7月19日、日産スタジアム)で川崎フロンターレと対戦する。

最終更新:6/27(木) 18:21
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事