ここから本文です

PSG退団のD・アウヴェスがバルセロナ復帰を希望か…しかし古巣に再契約の意思なし

6/25(火) 21:12配信

GOAL

パリ・サンジェルマンからの退団を発表したダニエウ・アウヴェスがバルセロナへの復帰を望んでいるようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

セビージャやバルセロナで活躍したアウヴェスは、2017年夏にユヴェントスからPSGに加入。これまでに同クラブで全公式戦73試合に出場し、昨シーズンはPSGの国内3冠、今シーズンはリーグ・アン連覇に主力として貢献する。しかし23日、SNSを通じて今夏にパルク・デ・プランスから離れることを発表した。

現在36歳とキャリアも終盤に差し掛かったアウヴェスだが、どうやらバルセロナに復帰することを希望しているようだ。フランス『RAC1』によると、同選手は古巣に自らオファーを送った模様。しかし、『マルカ』は、バルセロナにブラジル代表主将と再契約する意思はないとしている。

エルネスト・バルベルデ監督率いるバルセロナには現在、セルジ・ロベルトとネルソン・セメドが在籍。後者のポルトガル代表DFはプレー時間を求めて移籍する可能性があると考えられているが、クラブは同選手の違約金1億ユーロ(約122億円)を提示されない限り首を縦に振るつもりはないようだ。

さらに、アウヴェスは2016年の退団後、バルセロナを痛烈に批判した過去があり、このことがバルセロナが再契約に前向きではない一つの理由ではないかと考えられている。

最終更新:6/27(木) 18:19
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事